コンサル求人特集

コンサルティング業界で実務に必要な英語力

コンサルティング業界で英語を活かそう

コンサルタントは、極端なことをいえば無資格でも可能なお仕事です。資格など無くとも、実力だけでいくらでも大きな仕事ができるのが魅力です。ですが、そんなコンサルタントでも一つだけ有効な資格があるとえいます。それが、TOEICなどの英語の資格です。TOEICのスコアは、転職時の目安になりますので、他の資格は取らなくとも、TOEICだけは取っておいた方が良いでしょう。それだけ、英語力は有効です。
特に、ビジネス英会話ができることは大きなアピールポイントとなります。英語を活かした仕事で、コンサルタントとして大きく羽ばたきましょう。

論理的思考力と英語力を備えた、ストラテジーコンサルティング

CEOの課題を解決することで、企業や社会の改革にチャレンジする仕事があなたを待っています。日本の国際競争力を高める仕事のため、グローバルプロジェクトが多く、語学力や海外への関心が求められます。バイリンガルレベルの英語力があると望ましいですが、そこまで高い英語力がなくとも、実務経験が豊富であればチャレンジできます。戦略系コンサルティングファームでの、政府・通商・産業政策への支援、日本政府や海外政府への政策提言を行った経験や、戦略系コンサルティング業務に従事した経験があるのであればオススメの求人です。

コンサルタントは業務がマトリックス形式になっており、それぞれ狭い範囲内で仕事をしているケースが多いです。そのため、皆が自分の領域でキャリアを積んでおり、なかなかマトリックスの他の業務のことは知らない場合もあります。そこで、政府・通商・日本政府への支援など、公的サービスへの政策を提言する公共系のキャリアがあるのであれば、応募してみてはいかがでしょうか。

海外の視察などを踏まえて、日本を発展させ、街の構想などを練ってみませんか。

この求人を詳しく見る

外資系戦略コンサルタントでは、英語力は必須です

外資系戦略コンサルタントでは、英語力は必須です。プロジェクトチームに外国人がいることは珍しくはありませんし、上司が外国人であるケースもあります。英語力は、会社に入社してからでも伸ばすことができるので、まずはポテンシャルが大事です。ロジカルシンキングができて、コミュニケーション力が高いこと。さらに会社経営者の黒子となるので、経営者視点のものの見方ができることも重要です。そして、戦略系コンサルはプレッシャーにも負けず、安定感を持ちながらプロジェクトを成功へと導いていくことが大切です。

外資系戦略コンサルタントの求人における重要度は、大手企業での経営企画業務経験、金融系のとくに経営・戦略系部門、大企業ディールの経験、コンサルティング会社での勤務経験、そして英語力です。英語力が必ず一番大事、というわけではないのがポイントです。もちろん、外資系企業の場合は、ノンネイティブの方は入社してから英語学校に通うことが推奨されており、補助が出る可能性があります。そうしたサポート面でも、外資系戦略コンサルタントは魅力です。忙しいお仕事ではありますが、やりがいは大いにあるでしょう。

この求人を詳しく見る

途上国開発の開発課題の解決にも

学生時代にボランティアなどで途上国に渡り、国際社会の貧困問題などに関心を持った人は少なくないと思います。ですが、就職して、お金を稼ぐこと、プロジェクトを達成することに夢中になっているうちに、いつのまにか高邁な理想はどこかに消えてしまった。でも、昔の輝きを取り戻したい!そんな方には、国際開発アドバイザリーの仕事などもおすすめです。

JICAが実施する国際開発事業などにコンサルタントとして参加し、日本企業のクライアントに対して開発課題の解決やビジネスのバックアップ等をしていく仕事などもあります。途上国における情報収集、提案業務、契約交渉、ネットワーキングなどの職務を担当します。英語圏に留学経験がある人であって、途上国問題に関心のある人であれば、おすすめの案件となります。とくに、プロジェクトマネジメントの経験などもあれば尚良なのですが、何か課題解決を実践できる専門分野を持ち、コンサルティングの経験や途上国関係のプロジェクトに参加経験があれば、比較的当てはまっている人は多いと思われるのがこちらの案件です。
20代の若手から、40代のミドルまで、幅広いプロジェクト経験者を求めています。

この求人を詳しく見る

中国や東南アジア駐在のグローバルビジネスも

主にアジア圏での、中国やインド、東南アジアでのグローバルビジネスを牽引するプロジェクトメンバーも募集しています。アジアの各地域に駐在して、現地でローカルスタッフと協働して、ビジネスを進めていきます。グローバルに活躍することができますので、学生時代に第二外国語として中国語やインドネシア語などを学ばれた方にもおすすめです。もちろん海外駐在の案件ですので、英語はビジネスレベルで必須となります。あとはIT関係のコンサルタントとしての経験があれば良いので、比較的ハードルは低いとも言えます。学生時代、語学が得意で、留学経験があるなど、昔から国際感覚が豊かだった人におすすめの案件です。憧れの海外駐在経験も積めますので、今後もグローバル人材として活躍することができるでしょう。将来のキャリアアップにも大いに役立つ案件となります。

この求人を詳しく見る

英語はあくまでもツール。本命はコンサルの論理力

これまでの案件を見てきて分かる通り、英語力はあくまでツールです。ただ単にTOEICのスコアが高いだけでスキルがない人は、通用しない可能性があります。論理的思考力、メンタルとフィジカルのバランス、コミュニケーション力などが大切です。

コンサルタントの中でも、とくに戦略系コンサルにおいては、海外とのコミュニケーションも多いことから、英語力がベースとして必要です。戦略系コンサルは海外出張も多いため、それらに対応していくには、英語力があったほうが良いでしょう。ですが、社内に研修体制があり、社外の英語学校への補助が出るパターンも多いですので、英語に関してはポテンシャルのアピールでも大丈夫だといえます。いま、英語に関して高い意欲を持ち、海外案件に強い関心を持っているのでしたら、これらの求人に応募してみましょう!あなたのスキルとあわせて、英語力を活かすことができる案件が数多く待っています。

英語力が活かせるのコンサルティング会社への転職をご検討のかたへ

コトラでは、ハ英語力が活かせるコンサルティング職、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
サイトで公開できないハイクラスな公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

転職無料相談

転職おすすめ記事

  1. 組織・人事コンサルタント
    組織・人事コンサルタントへの転職をする人は、もともと企業にて、業務上人事制度を検討した経験者が、...
  2. 事業再生コンサルタント
    事業再生コンサルタントへの転職をする人は、戦略、業務コンサルティングの経験者や、金融機関、ノ...
  3. 業務コンサルタント
    業務コンサルタントへの転職をする人は、もともと企業にて、製造、販売、調達、会計など業務分野を...
  4. 金融・財務コンサルタント
    金融・財務コンサルタントへの転職をする人は、もともと金融機関にて、企業に対して資金調達、資金運用...
  5. 戦略コンサルタント
    戦略コンサルタントへの転職をする人は、もともと企業にてマネジメントや経理、人事総務に関わっていた...
ページ上部へ戻る