コンサルティングファーム情報

コンサルティングファーム情報

山田ビジネスコンサルティングへ転職したいかたへ

山田ビジネスコンサルティングは、経営戦略・財務・会計を中心に幅広い分野でコンサルティングサービスを手がける日本生まれのコンサルティングファームです。社長や経営幹部などの社内関係者、金融機関や顧客などの社外関係者の間を円滑につなげる役割を旨とし、報告書の作成にとどまらない「現場主義」をもってクライアントの業績改善と目標達成を支援します。

山田ビジネスコンサルティングに転職するためには、山田ビジネスコンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐことが第一です。コトラでは、あなたに適切なポジションを無料で診断しております。レジュメをご用意のうえ、こちらからお気軽にご登録ください

山田ビジネスコンサルティングの会社概要

山田ビジネスコンサルティングは、ジャスダックに上場する純粋持株会社である「山田コンサルティンググループ」の中心企業です。もともとは1981年に設立された公認会計士・税理士事務所が基盤となっており、そこから分離してコンサルティング機能が山田コンサルティンググループとして独立しました。税理士・公認会計士部門が税理士法人、監査機能が分離して監査法人となっています。

会社名 山田ビジネスコンサルティング
URL http://www.y-bc.co.jp/

代表取締役社長 増田 慶作
事業内容: M&A、事業承継、事業再生などのコンサルティング

所在地 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目8番1号丸の内トラストタワーN館10階(受付9階)

山田ビジネスコンサルティングの事業概要

中堅中小企業をメインに、さまざまなジャンル・業界へのコンサルティングサービスを提供しています。ただし、もともと公認会計士・税理士事務所だったこともあり、税務実務や財務・会計、法務実務などに関連するコンサルティングが中心となっています。具体的には、M&Aの計画・実行支援、事業再生や事業承継、事業の海外展開など経営資源の効率的な活用方法についてのコンサルティングを手がけています。

山田ビジネスコンサルティングに求められる人物・スキル

中途採用も手がけていますが、新卒採用が採用活動の中心となっています。新卒採用において山田ビジネスコンサルティングが採用者に求めるのは、専門的な知識や経験というよりも「謙虚さ」「素直さ」「柔軟性」といった汎用的・内面的な要素とされています。

山田ビジネスコンサルティングのクライアントには中堅中小企業が多いため、経験則を意識的・無意識的に押しつけるよりも新卒メンバーがゼロベースでクライアントのニーズをヒアリングすることが重要と考えていることがその背景にあります。
クライアント個別の事情に合わせて柔軟に、謙虚さと素直さをもって思いを受け止めて本質的な経営課題を浮き彫りにすることが求められています。

クライアントの本質的なニーズをすくい上げるためには、常にインプットを怠らず学び続ける高い成長意欲や自己分析の習慣が必要です。コンサルタントとしての幅の広さと、自分の専門性を確立して自分のビジネス人生を自分で作り上げていくことが必要です。
中堅中小企業でも海外進出が増えているため、英語はもちろんのこと進出先の現地語を話せることも重要になっていきます。

山田ビジネスコンサルティングのキャリアパス

下から「スタッフ」「コンサルタント」「シニアコンサルタント」「マネージャー」「副部長」「部長」と分かれています。

新卒で入社した場合は、まずスタッフとして先輩コンサルタントにつき、インタビューや資料作成、分析、プレゼンなどの作業を行うことで基礎的なスキルや知識を身につけます。
慣れてくると、コンサルタントとして作業をある程度独立して行うとともに、作業の進め方をプランニングすることも出てきます。

次のシニアコンサルタントとなると、よりクオリティの高い仕事が求められるだけでなく、スタッフとマネージャーの間をつなぐマネージメント業務が生じてきます。クライアントなどとの交渉を独立して遂行するとともに、スタッフの教育・指導に当たります。
コンサルタントとなって2~3年、シニアコンサルタントとなって1~2年でマネージャーになることが期待されます。

マネージャーはプロジェクトの現場責任者という位置づけであり、プロジェクトの要件定義、スケジュールや予算の管理、クライアントとの交渉などの業務を担います。チーム単位の売上・利益に責任を持ち、部下に教育・指導を行って成長を促します。

その後部長・副部長へ昇進すると、責任範囲がチーム単位から部店全体へ拡大していきます。部下の育成はもちろんのこと、クライアントや各営業拠点との関係構築における中心的な存在として、会社の長期的な成長に貢献することが求められます。

山田ビジネスコンサルティングへの転職を成功させるためのポイント

山田ビジネスコンサルティングには、多数の求人・ポジションがあります。山田ビジネスコンサルティングが求めるポジションとあなたのスキル・人柄とのミスマッチを防ぐためには直接応募でなくエージェントの活用をオススメします。
コトラでは、あなたに最適な山田ビジネスコンサルティングのポジションの診断から書類の通し方等を無料でカウンセリング・サポートいたします。まずはレジュメを持ってご登録ください。

あなたに最適な山田ビジネスコンサルティングのポジションを診断する

転職お役立ち記事

  1. 金融・財務コンサルタント
    金融・財務コンサルタントへの転職をする人は、もともと金融機関にて、企業に対して資金調達、資金運用...
  2. 業務コンサルタント
    業務コンサルタントへの転職をする人は、もともと企業にて、製造、販売、調達、会計など業務分野を...
  3. 戦略コンサルタント
    戦略コンサルタントへの転職をする人は、もともと企業にてマネジメントや経理、人事総務に関わっていた...
  4. 組織・人事コンサルタント
    組織・人事コンサルタントへの転職をする人は、もともと企業にて、業務上人事制度を検討した経験者が、...
  5. 事業再生コンサルタント
    事業再生コンサルタントへの転職をする人は、戦略、業務コンサルティングの経験者や、金融機関、ノ...
ページ上部へ戻る